居合道について


◆居合道について 1
居合の起源は、今から約470年前奥州(山形県村山市大字林崎)最上家の家臣、浅野数馬源重治の嫡男・民治丸
(後の林崎甚助源重信公)が始祖と伝えられています。
◆居合道について 2
居合とは、敵と居合わすの意味で立会いに対する言葉で居相
・鞘の内・抜合・抜剣・抜刀術などとも言われ斬撃剣の如く抜きあわせて勝負するものでなく機先を制して敵に一撃を
与へ敵の出方に応じてこれに又一撃を加える業である。
敵の不意の攻撃に対して一瞬の間もおかず居合わせて抜刀し敵に勝つ、鞘離れの瞬時の一刀で相手を圧する心意気を
持って相手を制する武士道の剣技である。

◆居合道について 3
現代の近代居合道においては、幼稚園児からシルバーエイジ迄老若男女誰でも行える現代の真の武士道として
心・体・技三位一体化の境地を追求し、精神と肉体のバランスのとれた人間形成を目指し爽やかな汗を流しています。



w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++プロフ++